[スロット]G1優駿グランプリ3が登場!最強馬を皆で掴んでいきましょう!

こんにちは!

今回はコナミから発売予定となっている、G1優駿倶楽部3に関して見て行こうと思います。

競馬と可愛い女の子を高いレベルで融合させて大人気となっているシリーズです。

今回は6号機での登場と言う事で新しいシステムが搭載されてるようです。

上乗せ特化型のATである新G1ロードを筆頭に、最強の引き戻しと呼び声もある、UMAチャンスが搭載されております。

配合した競走馬と贔屓のキャラを育てていくという、デュアル育成システムというのがどのようなシステムになるのか今から楽しみです!

G1優駿倶楽部とはどのようなゲーム性のスロットでしょうか?

基本的には前作と同じ流れで育成ステージで馬を育成して、レベルを上げて周期抽選である出走に突入して、そのレベルに応じて、勝率が上がるというシステムです。

勿論、レア役でのシナリオ書換もありますので、低レベルだから回すのが無駄という事はありません。

そして前作と同じく、敗北しても連闘チャンスでの逆転も変わらず存在します。

同じ仕様ならば馬によっては連闘チャンスに入りやすい特徴を持つ可能性もありますので、逆転のチャンスは広がります。

また今回は引き戻しチャンスである、南国ゾーンというモードも搭載しています。

引き戻し率は約33%となかなか高い数字となっています。

基本スペックとしては低ベース機のスロットとなってます!

優駿俱楽部3の基本的なスペックとしては、AT純増は3枚、50枚辺り約37Gの低ベース機となっております。

スペック的にはここ最近の流行りの所を狙った感じがあります。

天井も666Gと最近にしてはやや高いものの引き戻しのチャンスも豊富なので、充分狙えるスペックと言えます。

ボーナス合算は設定1で294分の1~設定6で267分の1となっており、あまりボーナス確率による設定差はないほうですね。

恐らく勝率に差があるんだと思いますが、これも最近の流れですね。

ちょっと前まではボーナス確率及びAT突入率に大きな設定差が存在している事が多く、AT性能は自力勝負といった印象でした。

おそらく設定6でもAT性能に差はないのではないかと思います。

通常のボーナスはクラシックボーナスという熱い戦いの序章となるボーナスです

今回のボーナスは主にクラシックボーナスです!

このボーナスは獲得枚数150枚でAT期待度は40%という内容です。

その後、クラシック3連戦に突入します。

勝率期待度は40%ですが、1回でも勝利すればG1ロードに突入となります。

必ず3回チャンスがありますので、レア役で充分逆転のチャンスもあります。

ATのスタートはMMらっしゅでの上乗せに期待!

ATがスタートしたらまずはMMらっしゅに突入します。

平均初期G数は90Gとなります。

とにかく演出が可愛らしいので、ハマる人はかなり多いと思います。

今回のATは上乗せ確率40分の1とも言われており、G1ロード中はアルティメット上乗せとも呼ばれる程、上乗せのトリガーが多いです。

レース継続型特化ゾーンのワールドチャレンジやゲーム数上乗せ型特化ゾーン、ST型特化ゾーン、GOD揃いを彷彿とさせるUMA揃い等、多岐に渡ります。

まずワールドチャレンジという特化ゾーンですが、文字通り海外挑戦をかけたレースを行います。

G1ロードのG数はストップされこの間も純増3枚でメダルが増えていくのは嬉しい限りです。

この海外挑戦に勝利した場合はワールドロードに突入します。

上に2400の数字が書いてある通り完走濃厚という流れになります!

ATに関してはまだまだ内容がてんこ盛りのスロットです!

ATが終わる最終ゲームにひび割れ演出が起こると3分の1で復活となります。

AT終了後も熱いポイントが存在し、それがUMAチャンスです!

最近では鉄拳のデビルゾーン等、増えてきている引き戻しでの2400枚が狙えるゾーンです。

AT終了後有利区間移行時にレア役を引き、UMAチャンス中にリプレイもしくはベルを2回引く事でUMAチャンス成功となりG1ロードでの2400枚獲得が濃厚となります。

この際はリプレイ→ベルという感じに引いてもOKなので、とにかく有利区間移行時にレア役を引けるかどうかが大きなポイントとなります。

UMAチャンスに入る確率はレア小役の20%です。

鉄拳の様に100G間での引き戻しにドキドキするよりは、短いチャンスで勝負するのが好きという方もいらっしゃるはずなので、こういったスロットは良いと思います。

ブリードゾーンで育成場を配合して自らチャンスを決めていくスロット!

 

今回のスロットでは、ブリードゾーンと呼ばれる育成馬の配合によってチャンスが変わっていきます。

具体的には小役の引きによって種牡馬が決まっていき、当りが近づく、調教の効果が大きい、海外レースで強い等、特徴を持っています。

それに合わせて後輩調教師も育成していくといういわゆるデュアル育成システムが採用されてます。

特徴の種類も本当に多く新馬戦に強さを持っている馬やマコマコインパクトのような激熱の期待度を持った馬なんてのも存在してます。

まとめていくと、前作を越える面白さのスロットなのは間違いなさそう!

なかなか複雑なシステムのスロットですが、流れとしては

⓵育成ステージではスケジュールに応じて様々なイベントが前作同様発生して、プラスして今作は後輩調教師のまいちゃんの育成も重要となる。なお通常時は必ず左リールが第一停止です。

⓶基本は1周期が1週間となり、約8周でレースへ突入、育成したレベルで期待値が変化する。

⓷レースに勝利で疑似ボーナスに突入、まいまいボーナスならAT突入の大チャンスとなる。

⓸ATは純増3枚でゲーム数管理型で初期ゲーム数は上乗せ特化ゾーンで決定する。

⓹天井は666Gか若しくは後輩レベルMAXとなり恩恵は新馬戦の勝利か、まいまいチャレンジ発生、フリーズと多彩。

⓺引き戻しゾーンも成功期待度33%の南国ゾーンや、有利区間移行時にレア役成立で突入の可能性が出て来るUMAチャンスと熱い仕様のスロットです。

といった所です。前作以前からの基本的なシステムは踏襲しており、今作は更に一撃に特化した性能のスロットになってます。

好き嫌いは正直あると思いますが、初代からどちらかというと出玉的にはマイルドなイメージでしたので、バリエーションが増えたと思って楽しんでみては如何でしょうか?

トリガーは多くあるイメージなので、そこの部分に期待していきましょう!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

 

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

 

①今も5号機が主役

今、店のスロット状況としてはジャグラー等のAタイプを筆頭に番長3、まどマギ2、ディスクアップ辺りがメイン機種となってる店が多いです。

5号機の記事も順次挙げておりまどマギ2を追加致しました。宜しくお願い致します。

ギャンブラー口コミ情報

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー口コミ情報

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー口コミ情報

今回は5号機であるまどか☆マギカ2の事について迫ってみたいと思います。言わずと知れた、前作のロングヒットを受け多大なる期…

②これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

吉宗など9時前でも座っている人が多く4号機時代のような流れも感じます。

このラブ嬢2プラスを含めて、そういう台がたくさん出てくればスロット新時代かなと思いました。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー口コミ情報

[スロット]6号機は安定して勝てるのか?5号機がいずれなくなる今、向き合っていかなければならない6号機の勝ち方を多面的に…

ギャンブラー口コミ情報

スロットと言えば前日の夜から下見をして、朝一並んで狙い台を取って、設定看破をして立ち回るというのを思い浮かべがちです。時…

[blogcard url=https://online-gambler.info/1529/]

[blogcard url=https://online-gambler.info/2104/]

[blogcard url=https://online-gambler.info/1849/]

[blogcard url=https://online-gambler.info/2397/]

[blogcard url=https://online-gambler.info/2632/]

[blogcard url=https://online-gambler.info/3670/]

[blogcard url=https://online-gambler.info/4326/]

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!