【パチンコ新台攻略】2022年「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」スペックの仕組み&ボーダー解析を徹底紹介!【パチンコ攻略日記】

あの人気コンテンツ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」がいよいよパチンコでも登場することとなりました!

パチスロは北電子さんであったにも関わらず人気となっていたので、コンテンツはとても重要ですよね。

どうやらパチンコでは激アマな仕様になっているようですが、どんなトリックが隠れているのかが気になります。

今回もしっかりと新台攻略していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

次世代スペックはまさかのアナザーゴッドハーデス?

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」新台攻略

パチスロでも高い人気を誇った「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は言わずと知れたビッグコンテンツです。

イメージとしては「とある魔術の禁書目録」に近いかなと思いますが、若者を中心に支持を集めているコンテンツと言って差し支えないでしょう。

パチンコになるのは時間の問題かなとも思っていましたが、正直どのメーカーが開発するのかはわかりませんでした。

パチスロ版はまさかのジャグラーで人気の北電子さんでしたからね…

さぞかしアニメコンテンツに強いメーカーだろうと思っていたわけですが、三共さんと聞いて納得しました。

最近はコンテンツの使い方が抜群に上手なので、これは期待できるかなと。

ただ、スペックがかつてのアナザーゴッドハーデスを彷彿とさせているので、注意が必要な機種でもあります。

一体どんなスペックに仕上がっているのか、しっかりと徹底解析していきたいと思います!

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」のスペックを徹底解析!

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」スペック攻略

それではまず、どんなスペックになっているのか、スペックから見ていきたいと思います!

『「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」のスペックをチェック!』

それでは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」のスペックを見ていきますよ!

【大当り確率】

1/319.7 ⇒ 約1/59.0

【賞球数】

2&15(ヘソは2個、アタッカーは15個)

【RUSH突入割合】

約81.7%(確変、時短の引き戻し含む)

【RUSH継続率】

約82.8%(確変、時短の引き戻し含む)

【大当り振分(初当り(特図1))】

  • 10R確変大当り(次回まで):45.0%
  • 4R確変大当り(次回まで):30.0%
  • 10R通常大当り(時短100回):5.0%
  • 4R通常大当り(時短100回):20.0%

【大当り振分(連チャン中(特図2))】

  • 10R確変大当り(次回まで):45.0%
  • 8R確変大当り(次回まで):9.0%
  • 6R確変大当り(次回まで):8.0%
  • 4R確変大当り(次回まで):13.0%
  • 10R通常大当り(時短100回):5.0%
  • 8R通常大当り(時短100回):3.0%
  • 6R通常大当り(時短100回):4.0%
  • 4R通常大当り(時短100回):13.0%

【大当り出玉】

  • 10R大当り:約1390個
  • 8R大当り:約1100個
  • 6R大当り:約840個
  • 4R大当り:約560個

【天井】

⇒搭載なし

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」は、初当り確率1/319のミドルスペックで、まさかの確変ループタイプとなっています。

てっきり1種2種スペックのSTタイプだと思っていたのですが、まさかの全く異なるタイプで仕上げてきました。

初当りは全てRUSHに突入するのですが、これは確変だろうが非確変だろうが同じモードに突入させるためであり、内部的には確変と非確変がごちゃ混ぜになっています。

確変割合としては75%と高く設定され、幾つかのラウンドにわかれているものの、全てのラウンドに確変大当りと非確変大当りが存在しています。

そして、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」は通常時から8個保留となっているので、特図1と特図2でわけて考えるか、それとも特図1と特図2の合算で考えるのかによって、確変割合も変わってくることになります。

それでは、まずは特図1と特図2で分けて考えてみましょう。

大当りの種類と、各ラウンドごとの確変期待度は以下となります。

【大当りの割合(特図1)】

  • 10R確変大当り(次回まで):45.0%
  • 4R確変大当り(次回まで):30.0%
  • 10R通常大当り(時短100回):5.0%
  • 4R通常大当り(時短100回):20.0%

【ラウンドごとの確変期待度(特図1)】

  • 10ラウンド:確変期待度90%
  • 4ラウンド:確変期待度60%

【大当りの割合(特図2)】

  • 10R確変大当り(次回まで):45.0%
  • 8R確変大当り(次回まで):9.0%
  • 6R確変大当り(次回まで):8.0%
  • 4R確変大当り(次回まで):13.0%
  • 10R通常大当り(時短100回):5.0%
  • 8R通常大当り(時短100回):3.0%
  • 6R通常大当り(時短100回):4.0%
  • 4R通常大当り(時短100回):13.0%

【ラウンドごとの確変期待度(特図2)】

  • 10ラウンド:確変期待度90%
  • 8ラウンド:確変期待度75%
  • 6ラウンド:確変期待度75%
  • 4ラウンド:確変期待度50%

特図1と特図2の決定的な違いは、特図1では10ラウンドと4ラウンドしか存在しないのに対し、特図2ではさらに8ラウンドと6ラウンドが存在しています。

いずれのケースも10ラウンドの確変期待度が絶対的に高くなってるのに対し、4ラウンドにシワ寄せが行っている印象を受けますね。

『このスペックはアナザーゴッドハーデス…?』

今回のスペックを見た時、パチンコに詳しい人であれば、とある機種が脳裏に蘇ったのではないでしょうか。

そうです、『アナザーゴッドハーデスアドベント』にウリ二つのスペックになっているのです…!

「アナザーゴッドハーデスアドベント」とは今から5年前、つまり2017年にリリースされた機種で、機種名からもわかるように大人気パチスロ「アナザーゴッドハーデス」がモチーフです。

当時は確変割合の規制があり、確変割合は65%に抑えられていた時代ですね。

「アナザーゴッドハーデスアドベント」も例に漏れず、確変割合は65%までしか上げられませんでした。

しかしハーデスの名を冠する以上、そんな中途半端な継続率は嫌だったんでしょう。

通常大当りに時短100回を付与して同じ連チャンモードにぶちこんだのです!

ラウンド振分けによって最大の2400発を引いた時は確変割合をアップさせて、偏りによる一撃性を高め、結果的に人気機種になったわけです。

つまり、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」と比べてみると、

  • 確変も通常も同じ連チャンモードに突入
  • 通常時からメモリー8を採用
  • 大当りラウンドを複数用意

こんなにも共通点があるのです…!

開発メーカーはメーシーと三共と異なっているのですが、どうして5年前のスペックをわざわざリスペクトしたのか謎に包まれています…

ハーデスリスペクトはボーダーラインにも波及!

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」ボーダーライン

それでは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」のボーダーラインをチェックしていこうと思うのですが、ちょっと違和感を抱いた人はいるのではないでしょうか?

そうです、ボーダーラインが2つありますね。

左のボーダーラインは始動口、つまりスタートから見た時のボーダーライン。

右のボーダーラインはヘソ穴から見た時のボーダーラインです。

どうしてボーダーが2つあるのかというと、実はヘソに玉が入っても、玉は以下のいずれかに入るようになっており、必ず大当りの抽選を受けられるわけではないのです。

  • 特図1
  • 特図2
  • ハズレ入賞口(玉の払い出しはアリ)

つまり、「始動口入賞=ヘソ入賞ではない」ということです。

実はこの手法も、「アナザーゴッドハーデスアドベント」と全く同じです。

おそらくどの穴も偏りはあるでしょうが同じ確率になっているので、ヘソに入った玉のうち2/3で大当りの抽選を受けられると言うことになります。

従って、このボーダーラインというのは、晴れて特図1または特図2の穴に入ることが前提となっているわけです。

ヘソ穴の入賞を見ると見慣れたボーダーラインになりますので、お好きな方でボーダーラインをチェックすると良いかなと思います。

プラス期待値となるボーダーラインも攻略していますので、こちらからチェック!

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

パチスロでも人気となっているコンテンツ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」がパチンコでもリリースされる…

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」攻略まとめ

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」まとめ

今回は、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」のスペックやゲーム性の攻略をおこなっていきました。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」の攻略の注目ポイントは以下となっていますので、しっかりとチェックしてくださいね!

  • 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」のスペックは激アマの確変ループスペック!
  • 激アマになっている理由は「アナザーゴッドハーデスアドベント」を完全踏襲してるから!
  • ボーダーラインは激アマですが、ヘソ穴を基準にして考えると回すこと前提のスペック設計!
  • 天井非搭載であるため、回転力は常に一定!硬い立ち回りをしましょう!

【勝てるパチンコ】ボーダー一覧まとめを活用して勝利を掴もう!

勝てるパチンコ!ボーダーライン一覧まとめ!
パチンコで勝つために最低限必要なボーダーライン(損益分岐)を一覧にまとめてみました!

パチンコの勝利には欠かせないパチンコボーダー一覧まとめをご用意!

ボーダーラインをしっかりと把握して、自分に有利な土俵で戦いましょう!

「甘デジスペック」「ライトミドルスペック」「ミドルスペック」の3タイプに分かれているので、
チェックしやすいですよ!

特に甘デジはボーダーラインの影響を非常に受けやすく、
また辛めに設計されていることが多いので注意が必要です。

ボーダーラインをしっかりと把握して、勝利を掴みましょう!

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

パチンコ攻略と言えば「ボーダーライン」が非常に重要です。特に甘デジは大当りのサイクルが短いため、ボーダーラインが勝敗の明…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

2021/1/15初代シンフォギアが登場してからというもの、一気に勢力を拡大してきた「ライトミドルスペック」。ただのミド…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

パチンコ攻略のために必須と言われる「ボーダーライン」。ミドルスペックは初当りが重く、どうしても投資がかさんでしまうためボ…

天井機能がある機種については、「リセット時」と「ある程度回っている時」の2通りのボーダーラインを
表示していますので、是非立ち回りの参考にしてください!

また、機種によっては「設定」が設けられており、
最高設定と最低設定のボーダーラインは10回転以上開くこともあります。

設定が3段階なのか、6段階なのかによってもホールの攻め方が変わってきますので、
ボーダーラインはしっかりと把握しておきたいですね!

【パチンコ遊タイム「天井期待値」一覧まとめ】稼げる回転数を把握してパチンコを攻略しよう!

パチンコ遊タイム天井期待値まとめ
パチンコに新たに登場した新しい勝ち方「天井ハイエナ」!天井を狙う際の期待値を機種ごとでまとめました!

パチンコ攻略に欠かせなくなっているのが、新たに搭載された「遊タイム(天井)」

パチスロの天井と同様に、天井までの残り回転数を把握すれば、天井攻略で稼ぐことができます!

  • 天井到達時にどれくらい稼げるのか?
  • この回転数での期待値はいくらなのか?
  • 天井の恩恵はどんな内容なのか?

などといった、天井期待値に関する情報を各機種ごとに一覧にまとめました!

「遊タイム(天井)」の期待値をしっかりとチェックして、パチンコ攻略で稼いでいきましょう!

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

2021/1/15パチンコに新たな要素「遊タイム(天井)」が加わり、パチンコ攻略が劇的に変化を遂げています。目の前の台は…

天井はパチンコで安定した勝利を掴むためには絶対におさえておかなければいけない要素となっております。

カウンター上での回転数からの残り回転数と、
実際の残り回転数はスペックによって異なっているケースがあります。

ホールでうっかり期待値がマイナスの台を回してしまわないように、しっかりと機種ごとの天井期待値や
天井性能を把握しておきましょう!

天井ハイエナのライバルに負けないように、確実に勝利を掴んでくださいね!

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ミドル)」新台攻略
最新情報をチェックしよう!

パチンコ攻略日記の最新記事8件

error: Content is protected !!