【パチンコ新台攻略】ミドル「真・花の慶次3〜黄金一閃」スペックの仕組み&ボーダー解析を徹底紹介!【パチンコ攻略日記】

「花の慶次シリーズ」といえば、人気がずっと続いている数少ないコンテンツであり、言わずもがなニューギンさんの看板コンテンツです。

新規則が始まるギリギリまで「漆黒」の人気が続いており、最後の2400発だと言われて重宝されていたのは記憶に新しいですね。

いざ新規則がスタートしてからは、いろいろ頑張っていたものの思うような評価を得ることはできませんでした。

頼みの綱である「真・花の慶次3」もいろいろと不評だったので、ショックは大きかったことでしょう。

しかし、今回リベンジを果たすとのことなので、しっかりと新台攻略していきたいと思います!

「真花3」が一撃4500発を引っ下げてリベンジ!

「真・花の慶次3」といえば、満を持して登場した「花の慶次シリーズ」最新作でしたが、出玉スピードが遅かったり、意地でもトップランプを見せてくれなかったり、「ハイ、ハイ、ハイビスカース」などと慶次に言ってほしくないようなセリフが飛んできたり、とにかく残念な一台でした。

巷では「慶次は終わったな」とかオワコンフレーズをよく耳にしたので、すごく心配していました。

しかし、なんとこの度、「一撃4500発」を引っ提げてリベンジを果たしに来たとの一報が!

しかも、いろいろなところを改善したり、パワーアップしたりしているとのことなので、きっとアレはなくなってるんだろなと勝手に想像しています…!

一体、どんなパワーアップを果たしたのか、どんなスペックになっているのか、しっかりとスペック解析していきたいと思います!

「一歩先を行くパチンコ講座」スタート!タダで勝てる立ち回りを手に入れよう!

【2022年最新版】勝てるミドルスペック!ボーダーライン一覧まとめ!

「真・花の慶次3〜黄金一閃」のスペックを徹底解析!

それでは、まずは「真・花の慶次3〜黄金一閃」のスペックからチェックしていきたいと思います!

『「真・花の慶次3〜黄金一閃」のスペックをチェック!』

それでは早速、「真・花の慶次3〜黄金一閃」のスペックを見ていきましょう!

【大当り確率】

1/319.9 ⇒ 1/9.3(1種2種大当り&直撃当りの合算)

【タイプ】

1種2種タイプ

【賞球】

1&15(ヘソは1個、アタッカーは15個)

【RUSH突入率】

50%

【RUSH継続率】

約72%

【初当りの振分け(特図1)】

  • 10R大当り×3(電サポ10回+残保留1個):約50%
  • 2R大当り(電サポなし):約50%

【連チャン中の振分け(特図2)】

  • 10R大当り×2(電サポ10回+残保留1個):約33%
  • 10R大当り(電サポ10回+残保留1個):約67%

【出玉(払い出し)】

  • 10R:1500個
  • 2R:300個

【天井(遊タイム)】

非搭載

「真・花の慶次3〜黄金一閃」は、初当り確率1/319のミドルスペックで、1種2種スペックとなっています。

確か前回の「真・花の慶次3」ではロングSTタイプでしたが、今回はショートSTとなっています。

スペックの方向性としては、ガラリと変わったといっても過言ではありませんね。

それでは、初当りから順番にチェックていくとしましょう。

初当りは2つの大当りがあり、RUSH突入の4500発大当りと、RUSH非突入の300発大当りから成っています。

それぞれの振り分けは半々なので、RUSH突入率は50%となります。

この1/2は、どちらを引けるかによってこの後の展開が大きく変わります。

片や一撃4500発を獲得した上にRUSHでも出玉を重ねていく展開、そしてもう一つはたったの300発を得ただけで引き戻しすら発生せずに散っていく展開…

それはあまりにも慈悲のない究極の初当りだと言えるでしょう!

そして、見事RUSHを射止めると、4500発を獲得した後にショートSTがスタートします。

ショートSTは回転数こそ「10回転+残保留1個」とすごく短いですが、大当りを引ければ、最低でも1500発、うち1/3は3000発大当りとなります!

継続率としても約72%もあるので、あっという間に10,000発突破しそうですね。

継続率は決して高くないものの、重い一撃で出玉を獲るイメージなので、「花の慶次」らしいとも言えます!

先日スペック解析した「大開王」にも初当りから4500発が得られるボーナスが搭載されていましたし、今後の流行りになるかもしれません!

『大きく変わった通常時のゲーム性!』

「真・花の慶次3〜黄金一閃」では、スペックが大きく変更となったため、通常時の演出についても大きな変更が行われています。

どれもプレイヤーにとってはプラスになるので、早速ご紹介していきましょう!

①アウト効率のアップ

「真・花の慶次3」よりも時間アウトがアップし、リーチ確率が下がっているようですね。

②SPリーチ期待度のアップ

SPリーチのハズレを減らすことで、期待度をアップしているみたいです!

ハズレのSPリーチを減らすと、①のアウト効率アップに繋がりますね。

③「当たったら4,500発」の演出を新規搭載

通常時においてプレミアム演出は全て「当たったら4,500発」演出になりますね!

「真・花の慶次3」でも登場したプレミアム演出がより嬉しい演出になりました!

見た目も大きく変わる!アレは今回非搭載です!

「真・花の慶次3〜黄金一閃」になって変わったのはゲーム性だけではありません。

前回でかなり不評だった、あのトップランプを隠すボードは完全に撤去となりました!

トップランプが見えないのでデモ画面で確認しようとするも面倒だし、恥ずかしいし…で全然ダメだった記憶があります。

しかし、「真・花の慶次3〜黄金一閃」ではボードそのものが付いてないので、ホールも僕らも一安心です。

何でもあのボードは電気が通ってるせいもあって、お店が勝手に取るのは法律に引っ掛かる行為だったとのこと。

あのボードを外すためには、警察署に届け出を出して、受理されないといけないみたいです。

しかも届け出を出している間は機種を稼働停止にしなければいけませんので、もうデメリットしかありませんね…

外したくても外せない…それがあのボードだったわけで、ホールもプレイヤーから文句ばかり来て嫌だっただろうなと思っちゃいますね。

「真・花の慶次3〜黄金一閃」のボーダーラインをチェック!

それでは、「真・花の慶次3〜黄金一閃」のボーダーラインをチェックしていきたいと思います!

「真・花の慶次3〜黄金一閃」のボーダーラインは等価で17.5回転となっており、設計としては甘めながらも、最近のミドルスペックの中では少しマシになっていますね。

ただ、それでもやっぱり甘いので、ホールでの扱いがちょっと気になります。

間違いなく看板機種になるでしょうから、ホールの本気度を知るためにも回転力はしっかりとチェックしていきましょう!

ボーダーラインについて解析していますので、勝ちたい人は要チェックですよ!

【パチンコはボーダーで勝つ】2022年「真・花の慶次3〜黄金一閃」勝つ為のプラス期待値のボーダーライン&勝率を徹底攻略!【パチンコ攻略日記】

まとめ:「真・花の慶次3〜黄金一閃」

今回は、「真・花の慶次3〜黄金一閃」について新台攻略をおこないました。

初当りから一撃4,500発を搭載しながらも、連チャン中でも3,000発をゲットできるようになっていますから、破壊力は隋逸と言っても過言ではありません。

同じ一撃4,500発を搭載した「大開王」よりも連チャン性能が高く感じますので、一発逆転を狙うのにもってこいだと言えるでしょう!

ただし、やはりというかスペック設計が甘いので、ボーダーラインはとても甘くなっています。

しっかりと回転力をチェックし、ホールの本気度合いを見極めるようにしましょう!

【パチンコ新台攻略】ミドル「真・花の慶次3〜黄金一閃」スペックの仕組み&ボーダー解析を徹底紹介!【パチンコ攻略日記】
最新情報をチェックしよう!

パチンコ攻略日記の最新記事8件

error: Content is protected !!
3万円を1年で200万円に!?
詳細はこちら