[スロット]今回は6号機として新しいゲームデザインを追求したスロットからどういうヒット機種が生まれてくるか考察してみたいと思います!

こんにちは!

今回は現行の6号機からどういうスロットのヒット作が生まれていくのか、色々見ていきたいと思います。

次世代においては様々な要素が挙げられていますが、大きなポイントは以下の3点と言われています。

⓵有利区間ランプの撤廃

⓶枚数上限2,400枚の定義が「差枚」へ移行

⓷スマートパチスロ+有利区間G数無し

その他、有利区間4,000Gやコンプリート(打ち止め)機能などいくつか存在してます。

色んな所で話題になっているスロットの未来を見ていきましょう!

結局過去のスロットに似せて作ろうとすると下位互換になる可能性が高い

スロット

結局の所、2400枚規制や有利区間の存在など、過去のスロットからすればマイナスでしかない要素が揃っています。

6.5号機の市場投入はこれらの要素揃ったスロットが出てくるのではありません。

段階的に搭載された物が登場なってくる可能性が高いですよね。

直近の最大の関心事でもあるのは『枚数上限2,400枚の定義が「差枚」』に変わる事ではないかと思います。

差枚数管理スロットのポイントとしては、まずこれまでの6号機では実現出来なかった一撃2,400枚を超える性能を実現出来る事が一応可能です。

今の6号機は有利区間があったり、差枚数でないなどの影響で2000枚ちょっとくらいで終了となってしまいます。

なので実質は500枚程度緩和という見方になりそうです。

これはプラスになるという事は間違いなさそうです。

しかしそれだけでは単純に5号機の頃のように、一撃性能を自然に出玉設計に組み込む事が出来ません。

スロットの型式試験でも大きな壁があるとも言えそうです

スロット

6号機の型式試験では1,600G間で150%(+約2,000 枚)を超える出玉が発生した場合に不適合となるようです。

そうすると純増2枚×1,600G=3,200枚のように、6.2号機で主流の純増機で一撃3,000枚以上を出す設計がかなり難しくなってます。

6号機規則は思った以上に厳しい物だという事が分かってきます。

結局の所、6.5号機も6号機である以上、これまで同様に一撃で2,400枚に到達する頻度は大きく変わらないという事になってきます。

6号機が登場してもう3年近くになりますが変わるのがやっと500枚程度増えて2,400枚以上の出玉を放出出来るように言う程度の点です。

試験では起きない程度の頻度であってもMAX枚数が増えるのはポジティブな要素と考えていくしかないですね

スロット

結局一撃という所にこだわらなければ、2400枚以上の枚数が出る性能のスロットは多数あります。

これは別に偶発的な性能ではなく、型式試験において6,000Gを遊技して約+4,000枚であれば不適合になる事ないという事があるからのようです。

機械割に関して言えば110%を超えるスロットというのも結構出てきております!

結局ここまで2,400枚上限という言葉だけがクローズアップされているのかはパチンコの影響が大きいと言えそうですね。

最近の一撃性能に特化したパチンコはかなりの爆発力を持っていてスロットの一撃性能とはかなりの差があるからです。

しかし5号機も最初はかなり爆発力に乏しく一気にユーザーが離れていった背景というのは今の現状と似ているとも考えられます。

今の6号機よりも絶望感というのはあったかもしれないですね。

そこから5号機のAT/ART機は、フリーズや大きな上乗せを駆使する事で、一撃で5,000枚や万枚といった夢がみえるスロットに変わっていき自然と人気が戻ってきました。

これは5号機序盤にはなかった性能ではありますが、試行錯誤の中で一撃3,000 枚や4,000枚、5,000枚と狙えるスロットが生まれていったという事になりますよね。

結局の所一撃以外での爆発力を持ったスロットでの打開が求められます!

スロット

差枚数管理に加え、最初に挙げた6.5号機性能を十分に発揮するスロットは、一撃での5号機への回帰ではないという結論になります。

先に言いましたが、過去の一撃性能にばかり目を向けていても下位互換のスロットしか出てこない可能性が極めて高いです。

6号機規則にあった新しいゲームデザインを考える事で真の実力が発揮されるといえます!

今後有利区間が長くなり(無制限になり)、境目も分からなくなった性能を使えば、一撃性能に頼らずとも自然に3,000枚以上放出するようなゲームデザインも十分可能になるとの考えも出てきています。

結局いたちごっこと言ってしまえばそれまでなのですが、有利区間は緩和されて行っていますので、そこを生かしたスロットを出すしかないですよね。

先にも言いましたがパチンコが一撃性や瞬発力といった所でかなりのアドバンテージを持っておりますのでスロットも合わせていく事は充分に可能な様に思います。

パチンコとは違うスロットならではのメリットに期待していきたいですよね!

スロット

パチスロは現在主流のパチンコと違い、約3倍の速さで通常G数を消化する事が出来ると言われています。

確かにパチンコよりスロットが好きな人は、球が入って回るまでが遅いのが合わないという方は多いと思います。

球が入らなければ回転もしないという所にイライラしてしまうのはスロットにはない概念です。

なので1度の当たりに頼るのではなく、複数回の当たりを積み重ねて出玉を伸ばしていく方向は十分可能です。

そうすればスロットの特徴である設定推測といった面白い部分も生かせそうですね。

今後は5号機の影を追い続けるのではなく、6号機として新しいゲームデザイン(遊び方)を追求したスロットからヒット機種が生まれてくる事になるでしょう。

パチンコとは違った性能(遊び方)や5 号機とは違ったゲームデザイン(遊び方)という二つのキーワードが重要と言えそうですね。

現状はスロットメーカーもかなり大変な状況で新台が出ても2000台とか1000台といった小規模なリリースも増えていきそうです。

ただ考えようによってはこの店にはこんなレアなスロットがあるという価値が生まれて店の個性にも繋がるとの見方も出来ると考えます。

こういったに注視してスロットをみていけば6号機のヒット機種が見えてくると思いますしそう願いたいですよね!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

吉宗など9時前でも座っている人が多く4号機時代のような流れも感じます。

ただまだまだパチンコの方が盛り上がっている状況です。

6.2号機が登場して再び盛り上がりを見せてくれれば、スロット新時代かなと思います。

スロットに関しては6.3号機や6.5号機も控えてますので、要注目です。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!