[スロット]これからのパチンコ、スロットの営業スタイルはどうなっていくのか?今のままでは厳しいと思います!

こんにちは!

パチンコやスロット業界はこの先現状ではなかなか難しいと思います。

理由としては営業スタイル自体が古くなっていってるのが原因かと思います!

時代の変化にどう対応していくかが重要だという事が良く分かると思います!

現在の状況を鑑みて冷静に見て見ましょう!

スロット

よく考えてみても分かると思いますけれども、あれだけの敷地面積が必要で、その上筐体にもお金がかかりますよね。

ジャグラーの金額なんてマイジャグラー1台で1,200,000円とか中々高額です。

パチンコの新台を入れる度に新しい台から買わないといけないですよね。

その度に1台50万円や60万円では効かない金額を支払わなければならない。

当然スタッフの人件費もかかります。

パチンコやスロット代は運送でほっといても来たりはしないですしね。

加えて景品交換のスタッフも必要、掃除のスタッフやメンテナンスのスタッフ、案内係のスタッフなど人件費はやはり必要でしょう。

更に夏は暑いですし、逆に冬は寒いです。

暑い中や震える寒さでスロットを打つ人はいないでしょう。

当然ですが空調代もかかってきます。

稼働の少なくなった台は撤去もしなければいけません.

これだけの条件を洗い出してみた時、なおかつ客様に勝たせてくれるような店はどれだけあるのかなあと冷静になって考えてしまいます。

今の時代はオンライン化が進んでいる点は考慮していく必要があると考えます!

スロット

今の時代はオンライン化も進んでいます!

公営のギャンブルにしても例えば競馬、競輪、競艇などがありますが、競馬などはもう何年も前からオンラインで馬券を買ったりできます。

オッズパークなどで家からでも競輪や競艇を楽しめる時代になりました。

競艇は夜もやっているので、客の奪い合いが進んでいるともいえます。

お酒を飲みながらゆっくり楽しむことが出来るスタイルが定着してきている所へ、タバコもお酒も食事も出来ないといったパチンコ、スロットといった店に行く人が増えるとは思えないですね。

もちろん昔はそれが楽しかった時代もありましたよね!

友達と帰りにパチンコ行って勝ったお金で酒を飲むというのはライフスタイルの一つでした。

後ろにメダルを置いてプレイしているというのは、何者にも変えがたい興奮でしたよね!

今は出玉もメダルも内蔵されている機械にたまっていくシステムという事で、店に行くメリットであった出してる気分も味わえなくなってきてます。

冷静に考えてみればみる程、時代に沿っていないスタイルと言うことがよくわかります。

今はオンラインカジノでスロットも楽しめる時代に変化してきています。

特に肯定するわけでもないんですけど、システム的に言えばすごく理にかなっているシステムなのかなっていう気もします。

いつでもどこでも楽しめて人件費もかからず台の入れ替えという重労働もないです。

空調代も土地代も建物代や維持費も必要ないと考えると今後はこういう流れになっていくのかなといった感じです。

半導体など部品代が高騰しているのも問題ですね

スロット

今スロットにしても金額はかなり高いですね!

マイジャグラーが1台250万円やジャグラーも軒並み200万円で番長でも100万円を超えてきてます。

パチンコにしてもリゼロとかエヴァンゲリオンとかその辺はかなり人気機種でして値段も200万円を超えてきているというところで、なかなか店的には厳しいと言う状況ですよね。

確かに客付きは悪くないのですが、それでもお金に余裕がないと買えないですよね。

それに加えて今はロシアとウクライナの戦争となっており半導体が足りないんですよね。

その為、値段を上げざるを得ない状況になっており、結局のところ中古の価格状況にも影響が出ちゃってますね。

ますます今後は、そういったビジネスモデルが厳しくなっていくのかなあって言うふうになりますよね!

こういった店舗で楽しんでいくとするならば、やっぱり今後は1円パチンコとか5円スロットのような、まあほとんど遊びに近いような感覚にはなるんでないですかね。

小遣い制とサラリーマンていう所を考えると、大体30,000円とかですよね。

となったときに20円のスロットとか4円パチンコってちょっと手が届かないですよね。

3万円でさえ勝負できるかって言ったらなかなか出来ないのに1か月の給料ですからね。

やっぱり1日楽しもうと思ったら5、6万円は持っていかないといけないなっていうのがあります。

競馬や競艇とかって1レース100円でも出来るんですよね。

何百円かあればG1レース楽しめたりも出来ます。

そう考えるとパチンコやスロットって敷居の高い遊びなんですよね実際は。

3万円で楽しめる範囲っていうと1円パチンコや5円スロットがギリギリちょうどいい位なのではないかと。

これは実際なってみないと分からないですよね。

2500枚規制などこれでリターンばかり下げられると特にスロットは厳しくなりますね。

時代に合ったビジネスモデルを考えなければならない時代に来ていると思います!

スロット

結局の所今のパチンコ店の営業スタイルって時代にそぐわなくなって来てるのは間違いないと思います。

・リターンが見込めないので客が減っている
・大型店舗しか生き残れなくなってきている
・新台は1台100万円以上するものも多く変える店が限られてくる
・半導体の高騰でこの後も台の高騰が考えられる
・競馬や競輪のようにオンラインで楽しめるコンテンツに対して店舗で勝負しなくてはいけない。
・1勝負が2、3時間かかるなど効率化が進んでいる現代に対して時間がかかり過ぎる。

これだけ見ても厳しいと思いますよね。

なので規制緩和も勿論必要ですが、新しいビジネススタイルの構築も求められてますよね。

オンラインパチンコやオンラインスロットの様に先進的なビジネススタイルも登場してきてますので、参考にしていかないといけない時代だと思います。

まだ結婚もしてない子供もいないって言う若年層は、20代とか割合が高くなるのですが、そういう子達は考え方がシビアですし、少しでも勝てる確率の高い立ち回りをしてきます。

良い店の条件としてスロットだったらジャグラーが回ってるパチンコだったら海に客が付いているっていうのがあるんですけど、そういった客層のリサーチも一層していかないといけないですね。

今後のパチンコやスロットの明るい未来に期待はしたいと思います。

こういったスロットに注視して見ていけばヒット機種が見えてくると思いますしそう願いたいですよね!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

吉宗など9時前でも座っている人が多く4号機時代のような流れも感じます。

ただまだまだパチンコの方が盛り上がっている状況です。

6.2号機が登場して再び盛り上がりを見せてくれれば、スロット新時代かなと思います。

スロットに関しては6.3号機や6.5号機も控えてますので、要注目です。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!