[スロット]コミックなどで一躍話題のコンテンツ「けものフレンズ」が早くもスロットとなって登場します!高純増&低ベース仕様となっているようです!

こんにちは!

サミーより、今回はスロット新台『ぱちすろ けものフレンズ』が発売されるとの事で導入開始は5月下旬になりそうですね。

2015年にスマホ版RPGとして配信がスタートしてから、アニメで大人気となりました!

2017年に一躍話題となったコンテンツである「けものフレンズ」がパチスロとなって登場と言う事でどんなスロットになるか楽しみですね。

見た目とは裏腹にAT純増9.5枚という豪快な仕様です!

スロット

今回のスロットの特長は、何と言っても可愛いコンテンツイメージとは違って豪快なスペックとなります。

何と言ってもATの純増が約9.5枚/Gと高いのがポイントです。

反面、通常時のベースが約32.3G/50枚と、高純増&低ベース仕様となっております。

AT「ジャパリタイム」は、1セットで約100枚のメダルが獲得可能なのです。

ここからが特徴的な所なのですが、ループ率は約88%で、最大6セット継続するという仕様です。

初当たりの2回に1回は600枚以上を獲得できるというのがポイントです。

AT終了後は引き戻しに期待という仕様になっており、AT終了時は基本的に有利区間がリセットされ、この際の引き戻し期待度は約50%となかなか高いですね。

加えて、有利区間を引き継いだ場合は、よりAT引き戻し期待度の高い上位ループモードの滞在に期待できる仕様となっているとの事。

ある程度雑にATへ入っても、枚数が取れそうですし引き戻しも現実的だと思います。

通常時は周期抽選システムが採用されており、1周期は平均約90Gで、周期到達時は「ジャパリトロッコ」演出というのに発展していき、演出成功でCZ「けものくえすと」に移行します。

CZ中のミッションクリアでAT突入となっているようです。

平均期待度に関しては約44%設定1でもありますね。

スロットけものフレンズの基本的な性能を分かる範囲で見ていきましょう!

スロット

けものフレンズの主なスペックは以下の通りとなります。

AT初当たり確率が1/293.5~1/235.4(設定1~6)でAT純増枚数は約9.5枚/G、1000円辺り32.3Gとなります。

32.3Gというのはコイン持ちとしては結構きつい部類ではあります。

メーカーはサミーでのAT機となります。

天井は8周期で999G+αとなります。

導入日は2022年5月23日で導入台数は約1,000台〜のようです

最近1000台前後の出荷って多いですね。

半導体の影響なのか、様子見なのか色々ありそうですね。

けものフレンズの特徴というのはAT性能にありそうです!

スロット

初当りの2回に1回は600枚でAT終了時は基本的に有利区間をリセットし、有利区間リセット時の1周期目のAT期待度約50%という所は押さえておくべきですね。

AT確率や機械割に関しては以下の通りになりそうです。

設定  初当り 機械割

設定1 1/293.5 97.7%

設定2 1/280.8 99.1%

設定3 1/271.9 101.2%

設定4 1/256.2 103.8%

設定5 1/243.2 106.1%

設定6 1/235.4 107.7%

機械割だけ見ると、マイルドな仕様といった印象ですね。

周期抽選に関しては、1周期は60G or 80G or 100G(平均90G)となっており、周期消化中はフレンズを集めるほど周期到達時のCZ・AT抽選が優位になります。

CZはATへの突入契機となっており

AT期待度としてはゴリラ…約31%、ダチョウ…約48%、ライオン…約67%という風にゴリラ<ダチョウ<ライオンの順に期待度が上昇となっております。

サーバルチャンスは特殊CZとなっており継続G数はベルナビ5回で成功期待度は約31%となっています。

突入した時点でATが確定となっており、成功したら更に大チャンスと言えます。

AT「ジャパリタイム」はメインATとなっており継続G数は1セット10Gの純増約9.5枚となっており継続率は88%となっています。

6セット迄となっており6セット到達率は約50%となっております。

継続抽選は主にセット消化中のベルで行われており継続率は最大88%となります。

6セット目の赤7揃いで野生解放へと突入します。

野生解放は上位ATで突入契機6セット目の7揃いで入ります。

平均継続は約15セットで期待値は1900枚となる上位ATです。

アニメ「けものフレンズ」とのタイアップ機で期待は持てそうな部分もありますね!

スロット

ATは9.5枚という超高純増で初当りの50%で約600枚取れて、一部で上位ATの突入し完走が狙えるといったタイプなのでここだけ見れば面白そうですね。

ただ機械割が高いわけではないので期待し過ぎは良くないのと、導入予定が少ない所は残念ですね。

おさらいになりますが天井G数は8周期 or 999G+αで恩恵はAT当選です。

1000円で32回転前後なので天井までの推定投資額約33,000円で8周期 or 999G消化後の周期到達で天井となりCZ+ATに当選という流れですので、これも狙うかはプレイヤー次第ですね。

1周期の平均は90G+αとなり有利区間リセット後1周期目の期待度は50%以上となっているので、ここは狙い目かもですね!

ベルが継続のカギを握るゲーム性で、最大6セットまで連チャン可能なスロットです!

スロット

AT「ジャンパリタイム」は「1セット約100枚」、「継続率約88%」となっており、ベルが継続のカギを握るゲーム性、最大6セットまで連チャン可能というのが特徴ですね。

「初当りの2回に1回は600枚以上獲得」という所で、十分な出玉感は備わっていると言えますね。

また、AT終了後は基本的に有利区間がリセットされるという所で、リセット時は「けもループ」による引き戻しに期待できる(期待度約50%)のでここにかけて見るのも面白いですね。

有利区間を引き継いだ場合もチャンスがある等、玄人向けの性能もしております。

1周期目の当選期待度「80%」といった所や、上位版となる「超けもループ」に突入する可能性もあったりといろんな可能性を秘めているけものフレンズに期待していきましょう!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

徐々に9時前でも座っている人は増えてきている店もありますが、客付きに関してはまだまだですね。

パチンコの方が圧倒的に盛り上がっている状況です。

6.2号機が登場して再び盛り上がりを見せてくれると期待してましたが現状はスロット新時代とまでは至っておりません。

スロットに関しては6.3号機や6.5号機も控えてますので、ここに要注目をしていきたいですね。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!