[スロット]「キャッツ・アイ」シリーズ最新作が、大人気のゲーム性を引っさげ、6.5号機で登場する。新しい時代は来るのか注目です!

こんにちは!

今回、平和より4月6日に、新台『パチスロキャッツ・アイ』が発表されて注目が集まっています!

導入開始は6月6日を予定しているようです。

「キャッツ・アイ」シリーズ最新作が、6.5号機で登場するという事でかなりの驚きですよね。

最大の特長は、「超・奪取システム」の搭載と言う事で予測が付かないのですが、どんな出来栄えなのか見ていきましょう!

6.5号機のスロットであるキャッツアイの実力を見ていきましょう!

スロット

最大の特長は、「超・奪取システム」なのですが、同システムの内容は、AT中にリアルボーナスの出現確率が急上昇(通常時1/288.8→AT中1/99.9※設定1)する点と、ボーナス中は技術介入により、ATのゲーム数を自力で上乗せ(HYPER BB除く)できる点が特徴のようです。

ボーナスとATが断続的に訪れる展開がプレイヤーを盛り上げるのですが、リアルボーナスの出現確率が変わるというのはどういう仕組みなのか気になる所です。

通常時はリアルボーナスの当選を狙うゲームフローとなる所は普通のスロットと変わらずの所です。

ボーナスは、平均125枚が獲得できるHYPER BB、平均104枚が獲得できるBB、平均72枚が獲得できるRBの3種類となっている様です。

ボーナス中は、レア役当選やビタ押しチャレンジにより、ボーナス消化後のATゲーム数の上乗せに期待が出来るというディスクアップと通常のレア役の熱さを混ぜ合わせたようなスロットですね。

ボーナス消化後は、必ずAT「キャッツ・タイム」に突入するというのも嬉しいポイントですね。

ATは純増0.7枚/Gで、開始時は上乗せルーレットが発動し、ゲーム数を上乗せという流れです。

上述の通り、AT中はリアルボーナスの出現率がアップしており、ボーナス当選によりATゲーム数を追加で上乗せする仕様で面白そうですね。

また、AT中のHYPER BBおよびBB獲得時は、「スーパーキャッツ・タイム」に昇格するとの事です。

1セット50G+継続ジャッジ5Gの構成で、「キャッツ・タイム」と同様の確率でボーナスを抽選しており、ボーナス獲得時は「スーパーキャッツ・タイム」の残りゲーム数をリセットしてリスタートするという仕様で、一度入ればかなり面白い事になりそうですね。

ツインエンジェルの様なバランスがあればと思ってしまいます。

また、ボーナスを引けなくてもジャッジ演出の成功で継続となり、TOTALの継続率は80%オーバーとかなり高い数字となっていますね。

基本的なスロットの性能は以下の通りとなっております!

スロット

キャッツアイの主なスペックはこんな感じになております。

通常時ボーナス出現率 1/288.8~1/246.4(設定1~6)でAT初当たり確率 1/234.1~1/163.8(設定1~6)AT中ボーナス出現率 1/99.9(設定1~6)となってます。

なお今回のキャッツアイは、冒頭に記した通りに、6.5号機での登場となります。

ご存知の方も多いと思いますが、6.5号機は、一度に獲得できる出玉2,400枚の上限を、差枚数で算出する形になってます。

ATなどが発動できる有利区間の継続ゲーム数上限を4,000ゲームまで拡大しております。

メーカーは平和で仕様はA+AT(6.5号機)でAT純増0.7枚と言う事でマイルドな出方には見えます。

1000円で約36.8Gとやや低ベースと言えそうです。

導入日 2022年6月6日で導入台数は約5,000台と最近では多い部類ですね。

初の6.5号機の力の入れ具合が見て取れます。

AT/ボーナス確率・機械割に関しては

設定 AT初当り ボーナス

通常時 ボーナス AT中
設定1 1/234.1 1/288.8 1/99.9
設定2 1/225.3 1/283.3
設定3 1/205.1 1/273.4
設定4 1/198.0 1/269.7
設定5 1/182.6 1/262.0
設定6 1/163.8 1/246.4

設定  機械割
設定1 97.7〜102.4%
設定2 98.6〜103.1%
設定3 100.3〜104.8%
設定4 101.0〜105.4%
設定5 102.5〜106.6%
設定6 104.3〜108.5%

機械割を見るとかなりの技術介入機と言えそうですね。

通常時はリアルボーナス当選でAT確定で、キャッツ目からのCZ「奪還作戦ステージ」成功でもATに突入となります。

キャッツ目もこのスロットの特徴なので押さえていきましょう!

スロット

キャッツ目(約1/163)はBARを狙えカットイン時に出現する可能性がありBARが揃えばボーナス確定となるチャンスとなります。

CZ「奪還作戦ステージ」はATへのCZとなり突入契機はキャッツ目(1/163)です。

演出成功でATキャッツタイムとなり、AT後に引き戻し区間としても突入します。

ボーナスは全て当選した時点でATが確定で消化中は技術介入とレア小役でATのゲーム数を上乗せしていく仕様です!

キャッツアイは技術介入機スロットである事を理解しましょう!

スロット

キャッツアイは技術介入が必須と言えるレベルです。

カットイン発生時に中リール中段に青7をビタ押しで成功となり3〜100Gを上乗せ、失敗しても1/3で救済が発動し成功扱いになるという今どきの仕様です。

キャッツタイムはメインATで純増約0.7枚でボーナス確率 1/99.9となります。

AT中はボーナス確率が1/99.9と大幅にアップするという所で、ボーナス当選でATのゲーム数を上乗せとなり、AT終了後は引き戻し区間奪還作戦ステージへと移行します。

AT「スーパーキャッツタイム」は上位ATで突入契機はキャッツチャレンジ中のボーナス等によります。

継続G数 50G+αで継続率は80%以上で期待値は驚異の約1500枚となりボーナス当選で残りゲーム数がリセットされるSTタイプの上位ATです!

6.5号機スロット第1弾が平和からリリースと言う事でかなり注目されそうですね!

スロット

仕様はリアルボーナス搭載かつ技術介入機という仕様でディスクアップにを取り入れたような台です!

AT中はリアルボーナス確率が全設定共通1/99.9と大幅にアップするのが特徴で、通常時とAT中のボーナス確率の差が気になりますね。

出玉の波は比較的緩やかなので、「差枚2400枚」の恩恵がどうなるかによります。

BBが1G連させスーパーキャッツタイムに入れれば期待値1500枚なので、天井までの吸い込みを加味すると一撃で3700枚くらいは出そうですね。

システム的に面白そうなので導入されたらすぐに打ってみましょう!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

徐々に9時前でも座っている人は増えてきている店もありますが、客付きに関してはまだまだですね。

パチンコの方が圧倒的に盛り上がっている状況です。

6.2号機が登場して再び盛り上がりを見せてくれると期待してましたが現状はスロット新時代とまでは至っておりません。

スロットに関しては6.3号機や6.5号機も控えてますので、ここに要注目をしていきたいですね。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!