[スロット]平和の「キャッツアイ」に続きベルコから6.5号機パチスロ第1弾の「シリウス」が登場!荒波仕様となっている様です!

こんにちは!

今回は導入日予定が2022年6月6日のベルコ新台スロット「Sシリウス」のスペックや現段階で分かっている事を見ていこうと思います。

ベルコと言えば鬼浜やビンゴ等がスロットでは有名です。

6.5号機でも鬼浜が最初かと思いきやシリウスと言う事でどのような内容に仕上がっているのか楽しみにして見ていきたいですね。

現在分かっている範囲で見ていきましょう!

6.5号機で登場のシリウスというスロットを見ていきましょう!

スロット

機種名はSシリウスでベルコからAT(6.5号機)で登場です!

AT純増は約4.5枚で1000円で約31Gとなっておりコイン持ちは結構きつそうですよね。

天井も777G+αと言う事でそこまで低くもないので、結構荒波と言えそうで、差枚数上限変更が生きてくるかどうかと言った所ですね。

導入日は2022年6月6日となっており導入台数は約1,000台と言う事で、バラエティ台で見かけるかなくらいの台数ですね。

スロットシリウスの特徴である6.5号機での登場です。

疑似ボーナスの連チャンでコインを増やすタイプで、ビッグバンモード突入で期待値約1000枚という仕様ですね。

AT確率・機械割に関しては下の通りですね。

設定 AT初当り機械割
設定1 1/328.2 97.5%
設定2 1/308.6 99.5%
設定3 1/294.5 101.0%
設定4 1/276.7 103.0%
設定6 1/252.2 106.0%
設定L – 77.3%

設定Lは下パネルが消灯してるのですぐ分かると思われがちですが知らないと全く気付かない事も充分考えられますので、気を付けていきましょう!

天井詳細としては天井G数が777G+αで恩恵はATとなります。

推定投資額は約26,000円くらいで期待値は1000枚なので、ハマってる台が空いていたら狙って行きましょう!

通常時に関しては滞在モードに応じてボーナスを抽選し、告知発生でボーナス確定となる完全告知機となっています

スロット

通常時に関しては滞在モードに応じてボーナスを抽選し、告知発生でボーナス確定となる完全告知機となっています。

6.5号機から有利区間上限が4000Gで2400枚が差枚数に変更となり、例えば同一有利区間内で1000枚飲み込んだ状態で当たれば最大3400枚まで獲得できるという仕様です。

モードや特徴としてはBIGボーナスでは獲得枚数が約313枚で純増は約4.5枚となります。

REGボーナスに関しては獲得枚数で約103枚で純増約4.5枚となります。

ビッグバンモードは役割としてはボーナス高確率状態となっており移行契機は初当りボーナス後の33.3%となります。

全設定共通で継続率は約83%以上で期待値が約1000枚と破壊力はありますね。

初当り後の約1/3で移行するボーナスの高確率状態で基本2セットで継続していき突入時の期待枚数は1000枚以上というスロットが「キャッツアイ」に続いて6.5号機パチスロとして登場です!

スペック的には非常に荒いスロットなのでこちらの方が6.5号機の特徴である「差枚数2400枚」を体感できる機会が多そうですね。

ちなみに4.0円という数値はゴッド凱旋とほぼ同じです!

なかなか波の荒いスペックとなりそうなシリウスの数値はおさらいして覚えましょう!

スロット

6.5号機での疑似ボーナスAT機となります。

疑似ボーナスの性能は純増が約4.5枚でBBが約313枚でRBが約103枚。

ビッグバンモードの性能が、ボーナス契機で移行抽選で全設定共通約33.3%というのがポイントです。

ボーナス高確率状態が基本2回セットで継続していき継続率83%を超えていき平均6.0連となります。

期待枚数としては約1060枚です。

6.5号機の未来を感じさせてくれるニュースロットのシリウスに期待しましょう!

スロット

有利区間での継続上限が「3,000G」から「4,000G」に変更となり、2,400枚規制の枚数上限定義を「一撃」から「差枚数」管理に変更した「6.5号機」でのスロットが登場します!

ビッグボーナスとレギュラーボーナス、2種類のボーナスで出玉を増やすシンプルな仕様。どちらのボーナスも純増約4.5枚の疑似ボーナスで、ビッグボーナスは約313枚、レギュラーボーナスは約103枚の増加が見込める。

通常時には3種類のモードが存在しており、通常B→通常A→引き戻しの順にボーナス確率が高まるという仕様になっています。

ボーナス当選後は全設定共通約33.3%でシリウスA・シリウスBと2種類ある「シリウスモード」への移行抽選が行われる様になっており、全設定共通というのは嬉しいですよね。

移行すれば全設定共通約32分の1でボーナス当選に期待出来る仕様なのでここもポイントとなりそうです。

また、このシリウスモードは基本2セットで継続するのが大きな特徴で、突入時の期待枚数は1,000枚オーバーとなっている。

先述の通り、今回のシリウスは6.5号機の基準に沿ったスロットなので、それまでの吸い込み具合とプレイヤーのヒキによっては、一撃で2,400枚以上のメダルが出る可能性もある。

ボーナスはジャグラータイプの完全告知機種で、告知タイミングはレバー操作時とボタン停止時の2パターン用意されています。

告知時はGODばりの筐体中央のPUSHボタンが光るようで、「レインボーPUSH」はビッグボーナスが以上ありそうですね。

通常時は順押しor順ハサミ押しが推奨で、ボーナス絵柄の一直線、3連チェリー、左リール上段からの小Vスイカなどはボーナス当選に期待出来るようです。

ボーナス中の消化は押し順ナビに従えばOKで、黄色の押し順ナビ時はベル、緑色の押し順ナビ時はスイカが入賞する仕様にもなっている様です。

ちょっと打って見ないと打感が分からないですね。

初当り確率は設定1:328.2分の1、設定2:308.6分の1、設定3:294.5分の1、設定4:276.7分の1、設定6:252.2分の1で50枚あたりの平均消化ゲーム数は約31.0G(設定Lを除く)との事でかなり厳しい仕様である事は間違いないでしょう。

導入は6月6日を予定しているとの事です。

この荒波を乗り越えると確かなリターンはありそうなので、狙いをキッチリ定めた上で知識を武器に楽しんでいきましょう!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

徐々に9時前でも座っている人は増えてきている店もありますが、客付きに関してはまだまだですね。

パチンコの方が圧倒的に盛り上がっている状況です。

6.2号機が登場して再び盛り上がりを見せてくれると期待してましたが現状はスロット新時代とまでは至っておりません。

スロットに関しては6.3号機や6.5号機も控えてますので、ここに要注目をしていきたいですね。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!