[スロット]スロットのピンクパンサーが6号機で登場!「ビタ押し入門マシーン」と記載されている通り液晶で分かりやすいシステムとなりそうです!

こんにちは!

今回は2022年6月6日に導入が予定されている、山佐の新台「パチスロ ピンクパンサーSP」のスペックや打ち方を分かっている情報を基に見ていきたいと思います!

ビタ押しや設定判別と言った重要な部分を見ていけたらと思います。

特にビタ押し入門スロットマシーンになりそうな部分もある様ですので要チェックですね!

スロットピンクパンサーの視認性抜群のビタ押しポイントを中心に見ていきましょう!

スロット

機種名はパチスロピンクパンサーSPでメーカーはパルサーでお馴染みの山佐です。

仕様はA+RT+ARTタイプという自分は初めて見るタイプのスロットです。

獲得枚数としてはBBが175枚、RBは40枚という性能です。

ART純増は約0.3枚/Gと言う事で一気に出るタイプではないのかなといった印象です。

回転数は1000円で約40Gとなっており導入日としては2022年6月6日で導入台数は約2,000台となります。

スロットピンクパンサーSPの特徴をざっと見ていきましょう!

スロット

ピンクパンサーSPの特徴としては
⓵視認性抜群のビタ押しポイント
⓶ビタ押し成功で追加上乗せ、失敗でも上乗せ
⓷ビタ押し精度を細かく教えてくれる。
⓸ビタ押し練習モードを搭載している。

といった所のようです。

ビタ押しをいかに楽しむ事が出来るかと言った所に焦点が当てられてる感じが凄いしますね。

明確にどこに向けて作ったスロットなのかしっかり分かるのがとても良いですよね。

ボーナス確率や機械割に関しては以下の通りとなります。

設定  BIG   REG   合算
設定1 1/278.9 1/374.5 1/159.8
設定4 1/277.7 1/358.1 1/156.4
設定5 1/275.4 1/334.4 1/151.0
設定6 1/274.2 1/307.7 1/145.0

設定や技術介入に関しては

全て失敗で下の機械割になります。

設定1 97.2%
設定4 98.6%
設定5 99.5%
設定6 101.1%

技術介入が大体60%成功で機械割がぐんと上がります。

設定1 99.4%
設定4 101.0%
設定5 102.2%
設定6 104.1%

技術介入が完全攻略だと下の様になります。

設定1 103.2%
設定4 104.4%
設定5 105.6%
設定6 104.1%

ボーナスはBIGとREGの2種類で、ビタ押しチャンスが発生すればART突入のチャンスとなります。

ボーナス終了後は必ずRTかARTに突入する仕様で、それらのループで出玉を増やしていくゲーム性となる様です。

RTがARTへ昇格する可能性があり、ビタ押しチャンス、ボーナス、スイカの一部からARTへ昇格出来る要素となります。

ARTは純増約0.3枚/Gとかなり低めの数字ですが、平均継続G数が約207G(設定1)となっているみたいなので継続に関してはかなり期待できる仕様ですね。

ART中は様々な演出でARTゲーム数を上乗せするチャンスがありますのでそこは楽しみですね。

スロットピンクパンサーの打ち方も特徴ありそうですね!

スロット

スイカテンパイ時のみ、中リールにも7図柄目安でスイカを狙うのが基本で、その他の停止形は中リールフリー打ちでいけるみたいです。

基本的に全リールフリー打ちでOKで、「ビタ押しチャンス」発生時は左リールに「白7・ベル・青7」をビタ押しです。

RT中の打ち方に関しては、ナビ発生時はナビに従って消化し、白フラッシュが発生した場合はシングルが成立している可能性があるので、左リールにBARを狙って消化するという王道的な仕様です。

それ以外は通常時同様の打ち方で消化していきます。

ビタ押し精度に関しては目押しポイントが様々あります。

目押しポイント タイミング

1/12 早いがギリギリセーフ

6/12 ほぼベストタイミング

7/12 ほぼベストタイミング

12/12 遅いがギリギリセーフ

成功時は1コマをさらに12分割した場合にどこで押せていたかが告知される仕様ですので、自分の目押し精度が分かるというだけで打つ価値すらありそうです。

液晶演出と出目に注目で、ピンクパンサーが登場すればチャンスとなります。

ダイナマイトに関しては出現した時点で激アツですので対応役やチャンス示唆に期待していきましょう!

また消灯数ごとに対応役があり、矛盾すればボーナス濃厚というシステムは嬉しいポイントですよね。

ピンクパネルなら期待度がアップとなるようで、ビタ押しチャンス発生でARTの抽選&RTのG数を上乗せとなり、ビタ押し成功で追加のG数を獲得という流れです。

ビタ押しチャンスとしては、左リールに「7・ベル・7」をビタ押しし、失敗しても上乗せされるが成功すれば追加上乗せを獲得できるので勝負所です。

ARTのパンサータイム等、楽しい要素が満載なピンクパンサーに注目していきましょう!

スロット

ARTの「パンサータイム」は純増枚数 約0.3枚で初期G数が50G+αですが平均継続G数が約207G(設定1)というロングARTが魅力です。

目押しが必要な2択ベルを完全ナビするシステムになっており、消化中はビタ押しチャンスとボーナスでARTゲーム数を上乗せしていきます。

ARTのゲーム数消化後はRTへ移行となります。

ピンクパンサーが待望の6号機で登場と言う事で注目が集まっています!

「ビタ押し入門マシーン」と記載されているように、ビタ押し時は液晶で分かりやすいナビが発生し、失敗しても恩恵は獲得できるが成功すれば追加で恩恵を得られるという面白いシステムです。

仮にビタ押しを全て失敗しても出率97.2%と並のAT機レベルなのは良心的な気がします。

完全攻略で103%を超えるのも嬉しいですね。

技術介入機の中ではソフトなタイプと言えそうでこれから伸びそうなジャンプとさえ言えそうですね。

また演出のカスタムをフリーズやバウンドストップの確率を最大1/1にまで上げる事が可能との事で「BIG成立で100%フリーズ発生」といった極端なカスタムができるのもまた魅力的ですね。

面白そうなスロットですが市場に出るのが約2000台と言う事で例によってなかなか打つのすら難しいスロットとなりそうですね。

見かけたらプレイしましょう!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

徐々に9時前でも座っている人は増えてきている店もありますが、客付きに関してはまだまだですね。

パチンコの方が圧倒的に盛り上がっている状況です。

6.2号機が登場して再び盛り上がりを見せてくれると期待してましたが現状はスロット新時代とまでは至っておりません。

スロットに関しては6.3号機や6.5号機も控えてますので、ここに要注目をしていきたいですね。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!
3万円を1年で200万円に!?
詳細はこちら