【スロット】今回は4号機からお馴染みのハードボイルドが新作スロットで登場!先日発表された「サミークラシック総選挙4号機部門」でも1位に輝いており期待値MAXです!

こんにちは!

今回は4号機からお馴染みのハードボイルドが登場となります!

先日発表された「サミークラシック総選挙4号機部門」でもなんと1位に輝いており期待値は非常に高いです!

サミーチャンネルにて「パチスロハードボイルド」のスペシャルムービーがアップされておりかなりの力の入り様です。

全てがよみがえるというサミーの言葉に期待したいですね!

ハードボイルドの特に4号機が好きな人には熱い機種となるでしょう!

スロット

初代ハードボイルドは2001年に登場した4号機で、特徴としては最大1000GのAR+ボーナスストック機能を搭載している点。

AR中は成立したボーナスをすべてストックし、終了後に放出して。

ボーナスとARのループによって、ヒキ次第では一撃何千枚の獲得となるスロットでした。

先日発表された「サミークラシック総選挙4号機部門」でも1位に輝いており、根強い人気が伺えますね。

5号機のハードボイルドは4号機とは違い演出がよりリアルでした。

一撃で500GのARTをゲット出来る事もあったりかなり4号機とは違う内容でしたが同色BIGの時の美麗な動画など素晴らしいスロットでした。

今回は詳しいゲーム性については不明ですが、「A300+AT」の文字があります。

300枚獲得できるBIGを搭載かつ、ストック機能ありのAT機の可能性が高いかなと言った感じですね。

また今回は、初代の出目や演出もバッチリ踏襲されている模様です。

当時のファンはもちろん、そうでない方にとっても楽しみなスロットとなりそう

スロット

4号機のハードボイルドは打ったことないのですが、5号機の出目やリール感もサミーらしさが出ていて個人的にはかなり好きでした。

メーカーはお馴染みのタイヨーエレックです。

仕様はAT(6.5号機)でAT純増はAT0.8枚と言う事でかなりゆっくり増えていきますね。

回転数は1000円で約34回転と程良いくらいですかね。

天井は999G+αで導入日は2022年10月3日となります。

導入台数は約10,000台と言う事でかなり力が入った台数と言えそうです。

ハードボイルドの特徴としてはサミークラシック第5弾と言う事で新旧両方にハマるポイントがありそうです!

スロット

初代の感動「AR1000」が復活と言う事で演出や法則・ゲーム性を全て継承してるのが魅力となりそうです。

BB中は技術介入ありです(2コマ)

ATは完走型でボーナスストックを抽選しラッキーチェックで告知というのが気になりますね。

ボーナス確率・機械割

設定  BIG   REG  ボーナス合算
設定1 1/330.1 1/438.9 1/188.2
設定2 1/328.8 1/436.8 1/187.4
設定3 1/317.9 1/417.8 1/180.3
設定4 1/298.0 1/384.2 1/167.6
設定5 1/281.4 1/357.3 1/157.2
設定6 1/275.7 1/347.8 1/153.6

設定 機械割 完全攻略
設定1 97.9% 100.2%
設定2 98.3% 100.8%
設定3 100.2% 102.7%
設定4 103.4% 105.9%
設定5 106.4% 109.1%
設定6 107.8% 110.5%

ボーナス中の技術介入がハードボイルドの一つのポイントになりそうですね!

スロット

SBB・BB中の技術介入に関しては逆押しの指示が出たら技術介入ポイントとなります。

JAC INをハズす事で最大枚数の獲得が可能という所は4号機っぽいですね。

【上級者手順】
右・中をフリー打ち、左リール枠内に2連7を目押し(2コマ)

【初心者手順】
右・中をフリー打ち、左リールアバウトに2連BARを目押し(75%で成功)

AT中は技術介入ナシで最大枚数獲得が可能となりそうです。

天井や設定判別ですが詳細としては天井G数 999G+αです。

推定投資額としては約30,000円程との事で、さすがに天井までは付き合いたくないですね。

通常時の抽選やボーナスに関しての特徴も見ていきたいですよね!

スロット

通常時の抽選として特徴は、シリーズおなじみのルーレット演出や背景予兆演出などを搭載している模様です。

リーチ目が出現すれば問答無用でボーナスとなります!

⓵SBBの特徴としては図柄 白7/赤7/白7で獲得枚数は約300枚。

AT期待度が100%、ATが確定となり消化中は「技術介入」に挑戦という流れになるようです。

⓶BBの特徴としては図柄 赤7/赤7/赤7と白7/白7/白7の2種類です。

獲得枚数が約300枚でAT期待度が50%という所です。

BIG CHANCEは1/2でATで消化中は「技術介入」に挑戦と言う事になります。

獲得枚数300枚と言うのが良いですよね!

⓷RBに関しての特徴としては図柄 赤7/赤7/BARで獲得枚数は約60枚となります。

RBはやや辛い性能ですね。

ATの性能はハードボイルドの強みの一つとなりますので押さえていきたいですね!

スロット

AT「BULLET RUSH」はメインATとなります。

継続G数としては1セット50Gで純増は約0.8枚、セット数 1〜20セットとなります。

ATはセット完走型で消化中はボーナスストックを抽選となります。

完走型でボーナス入ってるかワクワク出来るのは楽しいですよね。

消化後に「ラッキーチェック」でボーナスやAT継続をジャッジしていきます。

AT中のボーナスは即告知もありみたいですね。

ボーナスは複数ストックが可能で、リーチ目が出現する毎にストックとなります。

様々な演出でストックを示唆してくれる上、BIGに偏れば破壊力はかなりの物となりそうですね。

後RUSH1000ですがこれはプレミアムATの位置付けです。

突入契機はPRBの1/2やBBの一部となるようです。

プレミアムルーレットボーナスの1/2でAR1000を再現した1000GのATに突入となるようです!

4号機の大ヒットマシーン「ハードボイルド」が6.5号機で登場と言う事で期待は高いですよね!

スロット

サミークラシック選挙で堂々の1位を獲得したので待っていた方も多いのではないでしょうか!

5号機のハードボイルドはカッコよくて思い入れが深いスロットで非常に嬉しいですよね!

技術介入は簡単な部類なのが嬉しいですよね!

完全攻略の出率100.2%〜110.5%という数値はなかなか良い数字だと思います。

アラジンAクラシック等に続くサミークラシックシリーズ第5弾として登場する「パチスロハードボイルド」。

映像では筐体やリールアクション、液晶演出の一部の他、本機のスペックを示唆する「A300+AT」などのワードも登場してますので期待を膨らまして待ちましょう!

過去記事もぜひご覧ください!

スロットの記事を中心に書いております。

ぜひ参考にしてみて下さい。

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

徐々に9時前でも座っている人は増えてきている店もありますが、客付きに関してはまだまだですね。

パチンコの方が圧倒的に盛り上がっている状況です。

6.2号機が登場して再び盛り上がりを見せてくれると期待してましたが現状はスロット新時代とまでは至っておりません。

スロットに関しては6.3号機や6.5号機も控えてますので、ここに要注目をしていきたいですね。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!