[スロット]2022年及び6号機時代のスロットは厳しい時代の中どうなっていくのか、改めて見ていきたいと思います!

こんにちは!

今回は2021年も様々なニュースが駆け巡ったパチスロ業界がどうなっていくのか、色々な噂も踏まえながら見ていきたいと思います。

6.2号機の導入や6.3号機の持ち込み開始。

さらには『有利区間の枚数制限の解釈変更』『有利区間ランプの廃止』といった緩和に向けた新たな情報も入ってきましたよね。

かなり厳しい状況であった、激動の1年が終わりを告げ、果たして2022年にはスロット業界はどんな未来が待っているのか?

ネットで駆け回っている情報を基に見ていきたいと思います。

移行停滞の最大要因は、新規則機である6号機スロットを用いた営業の厳しさにあると考えます!

スロット

移行停滞の最大要因は、新規則機である6号機を用いた営業の厳しさにあると言っても過言ではないでしょう!

スロット関係者もその点を踏まえて、ギリギリまで5号機を用いた営業で勝負していく必要があるだろうと考えているようです。

2022年1月下旬に入っても、4〜5割ぐらいの5号機稼働を保っていきたいと考えてるようです。

ホール関係者も、「今の段階で、競合店との戦いを考えれば、5号機を外して6号機で埋めるという戦略では、勝負の土俵にすら上がれなくなり、しばらくは、自店が保有している5号機だけではなく、系列店も含めて、幅広い5号機ラインナップで、どれだけ期限まで有効活用できるかが重要だろう」と見ている。

実際、新台で導入した6号機を、新台としての効果が薄れてきた頃に一旦ラインナップから外し、その分を倉庫などで保有している5号機再設置で手当する、という対応を繰り返しているホールは決して少なくないと言います。

確かに今現在は6号機スロットが新台で登場してもすぐ通路になってしまう事も少なくありません。

ならば6号機時代になるまで一旦5号機を設置するという経営は的を得ていると考えます。

取りも直さず、パチスロ新規則機の設置比率が伸び悩んでいる背景には、パチスロ営業における各店舗の生き残り戦略が存在しているといいます。

6号機の新台は、引き続き定期的に導入していく必要性が一定程度あるとする考えもあります。

5号機がなくなる事で6号機の動きはどう変わるのか。

スロット

1月末まで、5号機にすがって営業することに変わりはないと思いますが、6号機の新台導入を続けていく事も必要だろうとはなっているようです。

もちろん稼働状況を踏まえると多台数の導入はできないし、初日の朝一が稼働ゼロという事も念頭に入れなければならないという現実はあります。

ただ出る出ないを別にして新台で遊びたいという客層が確実に一定数は存在しているという現実もあります。

昔のように新台入替で店側が設定をいれるとも限らないのに、新台だからという理由だけで遊んで貰えているというのもある。

旧イベント日でもなければ並ぶ価値は新台くらいしかないとも言えます。

これは店にとって一つの価値であり、それを提供出来ない店は、その価値が一つ少ないということだにもなります。

新台入替がもたらす店にとってのプラス効果は、客の離脱防止対策に繋がってくることもあり、軽視することは出来ないというのは、やはりあるようです。

すでに、2月以降の完全6号機時代を見据え、どう滑り出していくかを模索する動きも当然出てきております。

もっとも、完全6号機時代の業績予測はかなり厳しく見通されており、粗利2,000円を巡る攻防になるのではないかという意見が多いそうです。

今の6号機の業績は、5号機があるなかでの数値であるので、2月以降6号機の業績は多少改善していくだろうとも見ております。

もっともジャグラーやアクロス系などいわゆるAタイプに関しては、6号機に移行しても、5号機時代とそこまで遜色ない業績で推移するのではと考えられております。

スロットの6号機が勝負を賭けるポイントはどこになるでしょうか。

スロット

6号機は設定を入れていても中々出玉感が伝わりづらい傾向が多少あることから、2月前の段階で放出するタイミングを見極めておくことが重要だといいます。

その一方、業績低下を踏まえた今の状況を整えざるを得ないというホール関係者は、スペック自体はもう受け入れるしかないと考えています。

併設店では足りない分をパチンコで補うことになるのは今と同じで、その為6号機時代への対応というよりは、今後更に変化する新規則時代への対応が重要です。

これまで以上の経費削減に会社全体で取り組むことになるが、これも今と同じと考え、経費削減対象の多くは、スロット入れ替え頻度の抑制に向かい、なるべく中古機を活用して凌いでいく方針となります。

ただメーカー側も赤字決算が出ている所も多く考えるべき問題点は多いです。

市場から5号機が完全になくなれば、6号機の業績は、今より良くはなるとは思いますが、それはいわゆる消去法でパチスロ全体の業績は今より落ち込むと見ております。

そんな状態にも関わらず、スロットの筐体も派手になり今の価格で新台入替を行ったら、それこそパチスロ営業自体が成り立たないともなっているようです。

2022年のスロットはどうなっていくのか注目ですね!

スロット

思えば2004年改正の経過措置満了後に業界を襲った5号機ショック時は、2,000店を超えていた専門店がたった3年で半分以下に減少したという事もありました。

4号機の北斗が活躍した頃は空前のスロットブームでしたからね。

スロット業界復活の兆しが見られたのは、規則施行からおよそ5年後の2009年頃で、エウレカセブンや鬼武者など万枚スペックのスロットが出始め、巻き返しが図られていきますが、その間は実に厳しい戦いでした。

今の時代、2020年末の段階で専門店は約832店舗とされており、パチンコへの逃げ道がない専門店にとって、先行きの不安感は高まる一方です。

人気のスロットは価格が7桁になる事も少なくなく、仕掛けどころを間違えば、今の6号機で想定される粗利水準ではリカバリーが難しくなります。

加えて来年は、スマートパチンコを始めとする次世代遊技機の動きが本格化していく様相を見せており、より一層のコスト高というのが考えられます。

新台の稼働をどのようにしていくのか、スロット遊技機を巡る経営判断に、これまで以上の慎重さが求められることになりそうですね。

ユーザー側も慎重に見極める事が必要ですね。

2022年はスロット復活の兆しが見えるのを期待したい所ですね!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

 

①5号機が主役の時代は終わりを告げて行きます!

長年スロットを牽引してきたジャグラー等のAタイプを筆頭に番長3、まどマギ2、ディスクアップなどが稼働終了間近となっています。

残りわずかですが、5号機の記事も順次挙げておりますので宜しくお願い致します。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は5号機であるまどか☆マギカ2の事について迫ってみたいと思います。言わずと知れた、前作のロングヒットを受け多大なる期…

②これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

吉宗など9時前でも座っている人が多く4号機時代のような流れも感じます。

6.2号機が登場して盛り上がりを見せてくれれば、スロット新時代かなと思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!