[スロット]サミーより、人気スロットタイトル最新作となる新台『パチスロ蒼天の拳4』が登場!銀座が作っているという事で楽しみですね!

こんにちは!

サミーより、人気タイトル最新作となる新台『パチスロ蒼天の拳4』が登場するとの事です!

リンかけで有名な銀座が作っているという事で楽しみですね!

ホールでの登場予定は3月上旬からとなっています。

今回は差枚数管理型となるAT「上海遊戯」が主体となる新台スロットは、自力感にこだわったゲーム性が特徴との事ですので楽しみに見ていきましょう!

まずはスロット蒼天の拳4の基本的な性能を見ていきましょう!

スロット

差枚数管理型となるAT「上海遊戯」が主体となる新台は、自力感にこだわったゲーム性が特徴となっています。

AT開始時は、自力特化ゾーン「双龍の刻」に突入し、自力継続で上乗せ枚数の積み上げを狙うという所が基本となりそうです。

AT中は、レア役で移行する「ボーナスでの高確率」で、AT性能が更に開放される。

更にボーナスとして構成される「蒼拳ボーナス」は、20ゲーム+αもしくは40ゲーム+α継続となっています。

ボーナス中の「死合」に勝利する事で、上乗せ特化ゾーン「双龍の刻」がストックされる仕様となっているようです。

通常時からは、約1/139と強チェリー当選時の80%以上で突入するST型チャンスゾーン「双龍門」がAT突入のポイントとなるようです。

発動時には、期待度が異なるチャンスゾーンを自ら選択するというのが一つの特徴です!

その後移行する5ゲームのST型チャンスゾーン中は、プレイヤーによる小役のヒキが重要となるパターンです。

主なスペックは以下の通りとなっているようです。

AT初当たり確率は1/379.3~1/271.2となっています。

AT純増枚数は約2.7枚/Gとなっています。

1000円辺りで約37Gと言う事で、普通のベースかなと思います。

導入日は2022年3月7日予定で導入台数は5,000台となっているとの事です。

5000台というのは少し少な目な感じはありますよね。

ツインエンジェルの時もそうでしたが最初は5000台くらいで攻めていってるのかも知れないですね。

機械割としては以下の通りとなります。

設定1 97.6%
設定2 98.8%
設定3 100.4%
設定4 104.4%
設定5 107.6%
設定6 111.4%

チャンスゾーン確率は以下の通りとなります。

設定1|1/139.3
設定2|1/133.5
設定3|1/128.8
設定4|1/120.1
設定5|1/111.0
設定6|1/109.8

AT初当たり確率

設定1|1/379.3
設定2|1/363.6
設定3|1/345.3
設定4|1/313.8
設定5|1/290.5
設定6|1/271.2

機械割に関しては設定5でも107%と言う事でかなり強力ですね。

天井の恩恵はゲーム数天井としては発動契機は1200G(AT間)となります。

恩恵としてはAT「上海遊戯」が確定となります。

1200Gという長さをどうみるかですね。

個人的には丁度良い天井かなと思いますね。

これくらいだと天井狙いする方も少ないでしょうし、即ヤメしなきゃいけないみたいな空気もないので、気軽にヤメる事が出来るのはプラスですね。

チャンスゾーンやATの性能も分かる範囲で見ていきましょう!

スロット

AT間のハマりが1200Gに到達すると天井となりATが確定という話でしたが、プレミアムAT「天授の儀」に当選する事もあるようです。

主にレア小役でモード移行やCZ・ATを抽選しており、特に強チェリーはチャンスで、最低でも90%でCZ以上に当選となる様です。

内部状態が良ければCZ以上も確定となり、最上位の状態であればAT当選が確定するという内容になります。

CZ「双龍門」は役割としてはAT突入へのチャンスゾーンとなります。

突入契機はレア小役などになりますね。

突入率は設定1で1/139.3となっており400まで回せば3回くらいは入る計算になります。

CZは2段階形式になってる様ですね。

後半までいけば40%以上の期待度になっていきます!

CZは前半突破で後半に突入して、後半はSTタイプのバトルとなり展開し勝利すればATに当選となります。

ATに関しても特徴がありそうですので詳しく見ていきたいと思います!

スロット

ATは「上海遊戯」という名前でカッコ良いですね。

役割としてはメインATとなります。

タイプは差枚数管理で純増が先ほども言った様に約2.7枚で6.2号機らしい純増ですね。

初期枚数は双龍の刻で決定となり突入時に初期差枚数を決定します。

消化中はこちらもレア小役でボーナス高確率を抽選。

ボーナス高確率状態である蒼拳ボーナスですが役割としてはAT中の疑似ボーナスで継続G数はシングルが20G+α、ダブルが40G+αです。

引き戻しゾーンもあり、役割としてはAT引き戻しとなります。

突入契機としてはAT終了時の一部で期待度は50%となります。

次に天授の儀ですが役割としてはプレミアムATとなっており、継続G数は1セット30Gとなっています。

突入契機 通常時の(最)強チェリーの一部や天井到達時の一部、引き戻しCZ成功時の一部等、結構ある印象です。

継続率としては約93% or 約97%となっておりこれが1セット30Gでループ継続するプレミアムATとなります。

程よく低ベース機になり機械割も高めなので並みの荒い仕様になりそうですね

スロット

通常時からは、約1/139および強チェリー当選時の80%以上で突入するST型チャンスゾーンである「双龍門」の引きが重要ですね。

発動時には、期待度が異なるチャンスゾーンを自ら選択する事で、その後移行する5ゲームのST型のチャンスゾーンが変わります。

プレイヤーによる小役のヒキが重要ですね!

低ベースになった分、若干出玉の波が荒めになっていて機械割も設定6で111.4%と悪くないですね!

導入予定が5000台と少なめなのが少し残念ですが、旧イベント日での設定入れに期待したい所ですね。

元々、たくさんの機種が発売されている、人気タイトルですので、大きな店舗を中心として多台数導入も考えられますので、積極的に狙って行きましょう!

6.2号機の注目機種が続々と登場する中で、どれだけこういったヒット機種が登場するかどうかが、今後のスロットの行方を左右する事になりそうです!

ディスクアップの最新機種が登場したり、マイジャグラーの6号機が登場したりと話題はあるだけに、良いイメージを持ってもらう事が出来るようなスロットに期待しましょう!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

①5号機が主役の時代は終わりを告げて行きます!

長年スロットを牽引してきたジャグラー等のAタイプを筆頭に番長3、まどマギ2、ディスクアップなどが稼働終了間近となっています。

残りわずかですが、長年に渡って活躍してきた5号機の記事も順次挙げておりますので宜しくお願い致します。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は5号機であるまどか☆マギカ2の事について迫ってみたいと思います。言わずと知れた、前作のロングヒットを受け多大なる期…

②これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

吉宗など9時前でも座っている人が多く4号機時代のような流れも感じます。

6.2号機が登場して盛り上がりを見せてくれれば、スロット新時代かなと思います。

スロットに関しては6.3号機も控えてますので、要注目です。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は2021年末~2022年始にかけて、勝てそうなスロットを考察してみたいと思います!今のところ人気のない6号機よりも…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は前回からの続編でもうすぐスロットの5号機が終了と言う事で、振り返りとなります。華やかな5号機時代を見ていきましょう…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!