【スロット徹底攻略】6.5号機時代での夕方からの立ち回りを200%改善する考察をしてみます!

こんにちは!

今回は6.5号機時代での夕方からの立ち回りを200%改善する考察をしてみます!

なんだかんだ言ってもスロットプレイヤーというのは社会人がほとんどです。

朝一がダメでもスロットは勝てるか?

スロット

スロットと言えば前日の夜から下見をして、朝一並んで狙い台を取って、設定看破をして立ち回るというのを思い浮かべがちです。

でも大半の人って夕方近くまで仕事して帰る途中で気になるホールへふらっとって感じだと思います。

時代は6号機中心に変わっていっております。

立ち回りは変わっていくのか?考察していきます。

夕方から狙うべき台とは?

スロット

夕方から狙うべき機種としてはホールの状況にもよるのですが、今は比較的幅が広がったのではないかと思います。大きく分ければ3つに分類出来ます。

①6.5号機の最新スロット ②6.5号機の以前の高純増のAT機 ③ジャグラー、ハナビ等に代表されるノーマルタイプ

以上になります。

6.5号機の最新スロット現状はどうか?

スロット

現在6.5号機が登場して少しですが活気が戻りつつあります。

ホールでの今やメイン機種と言える位置になってきてますので、狙う方は多いと思います。

6.5号機になり差枚数2400枚になり有利区間も4000Gとなりました。

今回は夕方からの立ち回りという視点です。

そう考えてもやはり差枚数2400枚の恩恵が大きいです。

6.5号機は吸い込みが激しくコイン持ちが32G前後と言うのはザラです!

ボーナスが付いてこない等、高設定の要素が多いものの展開についていけず捨てられてる台というのは結構多いです。

そこは狙い目と言えるでしょう。

基本的にはハマるとどんどん止めにくくなるので、高設定挙動でない限り出たら止めるタイプになるでしょう!

しっかり狙わないと吸い込み激しい割にリターンが2400枚のみになりかねないので、感情で打たないようにしましょう!

夕方から打つのであれば正にそういう台は狙い目の一つとなります。

7時半~8時くらいまでに当たらなければ、撤退かAタイプに移るべきだと思います。

後、ボンバーガールの様に規定枚数天井近くに使う延命打法など覚えておきたいテクニックは必ずサイトなどで確認しておきましょう!

6号機のAT機はどうか?

スロット

賛否のある6号機ですが、突破型のAT機の魅力である高純増というのを生かしていきたい所です。

一たびATに入ってしまえばあっという間に1000枚は超えていきます。

2500枚が一区切りですが、1~2時間でAT機を勝負したい、夜の8時半くらいから勝負したい等といった所とはかみ合っていると捉える事も出来ます。

即ヤメが出来るという所も大きな魅力の一つとなります。

ただ打つ以上は当たるまで打つというのが前提になりますので、天井も視野に入れた立ち回りは必要になります。

リゼロや吉宗が今でしたらメインかと思います。

後、夕方から狙える機種は今なお人気のバジリスク絆2です。

絆2の魅力としてはスペックが優秀というのが一つ挙げられます。

設定4でも機械割が106%と優秀で設定6はほぼ拾えなくても4は比較的拾いやすいと言えます。

後はあまり荒くないのもポイントで夕方から打つ場合、なるべく投資は押さえたい所ですので、こういった機種は狙い目と言えます。

加えてメイン機種に据えてる店も多いので、設定への期待度という意味も考慮すると美味しい機種と考えて差し支えないと思います。

先にお話ししたリゼロですが、狙い目としてはある程度回ってる台というのはチャンスゾーンもしくは天井狙いといった立ち回りが挙げられるのですが、ホールを回ってる感じでは30回転超えて捨てられてる台はほとんどないようには思います。

結構落ちてるという店は客層が甘い可能性があるので美味しいでしょう。

0回転で捨てられてる台は温泉ゾーンや膝枕ゾーン終わりの30回転くらいまでは様子を見ても良いかもしれません。

モード示唆を見る事が出来ますので、SS以上のカードが出たら狙い目にしても良いと思います。

入ってしまえば、純増8枚の破壊力は相当ですので目押しが苦手でなければお勧めしたいです。

吉宗に関しても、即ヤメが多いとは思いますが、高確ゾーン以降のポイントが溜まってたりすれば狙っても良いと思います。

天井が799Gと控えめで、狙いやすく且つ仮にレギュラーだったとしても高確がセットで付いてくるので、リゼロみたいにクジラでやられて終わりというよりは少しは希望が持てるかもしれません(笑)

ラブ嬢2も狙えなくはない台です。3人目7人目はチャンスゾーンとなっており履歴で今何人目とチェック出来るので、手軽に狙う事が出来ます。

当たれば必ずATに入るという点もハズレ要素が少なくて良い点と考えます。

ただ出玉力という点では先に紹介した台に遠く及ばないので、高継続率に期待していきましょう。

幸いAT終了後はアフターチャンスの高確ゾーンに入りますのでそこで引き戻す可能性は結構あります。

天井まで行ってしまうと出玉力の低さからかなり辛い展開になってしまいますので、3人目をスルーしたなら余程高設定の期待がない限りは終了で良いと思います。

ノーマルタイプスロットはどうか?

スロット

ノーマルタイプに関しては、全国的にはハナビやサンダー、若しくはジャグラーシリーズ等が定番の狙い目となります。

夕方から等ある程度時間があるのであれば、BIG中のハズレなどで設定看破を出来るので、そこは強みだと思います。

ハナビやサンダーの打ち手はある程度経験者の事が多いので、店の状況も見ながらの立ち回りとなります。

ただジャグラーに関しては、打ち手の年齢層も幅広くデータで高設定かどうかの判別はある程度出来るので、データが良い台はほぼ座られていますという。

ただジャグラーやパチンコで言えば海物語の客付きで良い店かどうかの簡単な判断になるとも言われてますので、どんな店でもまずはジャグラーの稼働はチェックしておきましょう。

名古屋方面とかなら沖スロがそれに加わってきますね。

時間が遅くなればなるほど競合相手も増えてきますので流されて打つという事は控えたほうが良いと思います。

人気の6.5号機だけ打つと言った単調な立ち回りにはならないようにスロットを打っていきましょう!

スロット

結局の所、夕方からだと設定はあまり関係ないという声も聞きます。

基本的にはハイエナ狙いになってきますので、出来るだけなるべく多くの機種の知識を持っておくことが大事です。

ジャグラーの高設定はレギュラーの比率が高い等、ある程度誰でも知ってる知識だけでは簡単に良台は取れる確率は低くなってきます。

広い視野を持ってスロットと向き合っていきましょう!

過去記事もぜひご覧ください!

スロットの記事を中心に書いております。

ぜひ参考にしてみて下さい。

これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

徐々に9時前でも座っている人は増えてきている店もありますが、客付きに関してはまだまだですね。

パチンコの方が圧倒的に盛り上がっている状況です。

6.5号機が登場して盛り上がりの兆しは出てきておりスロット新時代になりそうな雰囲気にはなっております。

スロットに関しては要注目をしていきたいですね。

メダルレス機や有利区間の撤廃など色々噂が先行してますので、しっかり下調べを忘れずにいきましょう!

スロットは間違いなくパチンコよりも面白い要素も出てくると思います。

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回はスロット6.5号機が登場しましたが、当初の6号機スロットとは随分様変わりしています。今現在や近い未来のスロットを見…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は宝くじのバラと連番ってどっちが熱いの?という所を初心者に分かりやすく見ていきたいと思います!勿論、明確な答えと言う…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は山佐ネクストの新台スロット「スーパーリオエース」が登場という事で見ていきたいと思います!設定1の出率は98.5%と…

ギャンブラー攻略(パチンコ/スロット/オンラインカジノ)

今回は4号機からお馴染みのハードボイルドがスロットで登場となります!先日発表された「サミークラシック総選挙4号機部門」で…

スロット
最新情報をチェックしよう!

スロットの最新記事8件

error: Content is protected !!
3万円を1年で200万円に!?
詳細はこちら