[スロット]2021年のスロット状況に関して感じる事をつらつらと!

こんにちは!

今回は最近のスロット状況に関して感じる事を、まったりと書きたいなと思ってます!

2021年に入り、パチンコと差を広げられている感じがあるスロットですが、やはり根強いファンは存在します。

パチンコの玉が入るのを見続けるのが苦手な方もいます。

思ったことを色々な角度で見て行きたいなと思いますので、宜しくお願い致します。

最近のスロット状況はいかがでしょうか?

正直色んなスロットやパチンコの店を回るのですが、小型店舗等特に人が入ってないなという印象をいつも受けます。

傾向としてはより大型店舗に人が集中しているといった印象ですね。

やむを得ないとは思います。

イベントを打てなくなった辺りからそういった兆候はありましたが、より顕著になったというイメージです。

客がいないのに勝たせてくれるとは思わないですし、当然だと思います。

人はなぜ大型店舗に集まるのでしょう?

結局なぜ大型店舗に集まっているかと言えば、人が集まっているからですよね。

人が集まる事によって、店側も設定を入れてくれてるという淡い期待が大きいと考えます。

まあ確かにそうですよね、人がお金を入れる数が多くなるから還元も大きくなるという考え方も一つあるでしょう。

後、いっぱい出してる所をたくさんの人に見られたいという欲求も少なからずあるかと思います。

誰もいない所で出していても、逆に怖いですよね。

スロットの設定状況は大型店舗と小型店舗でそんなに違うのかどうか?

一般的にスロットで同じ台に座ってて、一日で勝てる台はある程度名前の知れた店で10台に1台と言われてます。

後は、立ち回りで何とかしてるといった感じですね。

付託なしで、その辺りの着地になるように調整していくというのを目指しているという事であれば、そういう事でしょう。

 

そういうデータを集める事により、例えばあの機種が出過ぎているというデータが出れば、稼働を停止するなどの処置がとられるという事ですよね。

ちなみに10台に1台というのはイベント日ではなく通常営業日ですね。

一般的に土日や盆、正月、GWなどはもっと厳しくなると言われているので、恐ろしいですよね。

そういう観点から考えると、わざわざ大型の店舗に並んで、10台に1台しかない設定判別をするよりは、リセット狙いや天井狙いをする為に小型店舗を巡るというのも、選択肢としてありかも知れないですね。

当てもなく、設定を探すよりはベタピンと割り切って攻めてみるというのも一つかと思います。

設定判別がスロットの楽しさの一つではあるんですけどね。

勝負事の基本にして鉄則

少し脱線しますが、勝負事の鉄則とはなんでしょうか?

それが分かれば苦労はないという声も聞こえてきそうですが、基本は機械のごとく止め時を決めて遂行する事に尽きると考えます。

株で90%と近くが負けると言われているのが止め時の見誤りであると言われております。

株が上がります→一旦下がりだします→そのまま持っていて再度上がります。

こういった経験を一旦持ってしまうと売り時をためらってしまいます。

だからひたすら下がってしまう状況になった場合対応が出来ません。

スロットでも同じような経験はないでしょうか?

ある程度2000枚くらいでてから続けるか止めるかの選択に迷います。

ここで止めてまたハイエナされるのが嫌だといった心理的状況に陥るのはよくあります。

なので止め時は必ず作っておく必要があります。

ただ先ほども話をしましたが、スロットには他にはない魅力として設定看破という概念があります。

とりあえず2000回転なら2000回転と決めて回してこの数値を複数の値で下回ったら止める等、止め時を造り出す事が出来ます。

感情的に打たない事が勝つ為の鉄則となります。

運よく設定示唆が出た時というのが一番至福の時ですね!

2020年は例年になく勝つ事を考えるのが難しい年だった事は言うまでもありません

2019年の冬にかけてバジリスク絆が撤去となり、ゴッドハーデスも撤去されていく等、業界にとっては正に転換期となる1年でした。

そこに加えてコロナの影響により前代未聞の3月4月に営業自粛という形にまでなりました。

パチンコも含めて2021年まで延長されるという処置を受けた台もありましたが、凱旋も予定通り姿を消しました。

周りでも大工の源さんやゴルゴ13のような爆裂機や遊タイムを搭載した機種が好評なパチンコに鞍替えする人は多いですよね。

6.2号機がスロットの起爆剤となるか

6.1号機の登場によって少し情勢が変わってきていると思います。

多少コイン持ちを下げれる事が出来る事により、ART突入率やボーナス突入率を上げる事が出来るようになり、敷居が広くなりました。

注目の機種も登場してきており頭文字D等は一定の評価は受けていたかと思います。

ひぐらし2も期待通りだったと思われます。

前作で人気の運命分岐モードやそれ以外にも前作を踏襲しそれ以上に仕上げてきたと思います。

技術介入が揃えば設定1でも機械割は実に103%にまで上がります。

6号機ではボーナス+ART機というのはまだ数は多くなく、そこも注目といえると思います。

BIGの枚数が6号機では最大250枚程度ですので、5号機時代でも最大200枚程度のBIGだった事を考えれば、時代にマッチしてると思います。

5号機時代でもこの手の機種は一撃4000枚とかでるのは稀だったと思うので、2500枚という制限もネックにはならないと考えます。

6号機でもいけると思わせてくれるバリエーションの一つには十分なり得ると考えます。

6.2号機に変わる事で、1500G規制が3000Gまでに緩和される事になりどのようなスロットが出て来るか楽しみです。

2400枚取りきる前に1500G迎えるというのは、中々辛い状況でしたので。

スロットの明るい未来はいつ来るか待ち遠しいですね!

思えば5号機の初めの頃は4号機ロスがかなり強く、しばらくは客離れが激しかった事を覚えています!

最終的には4号機並にはならなかったですが、かなり盛り上がりは戻ったと言えます。

その状況を踏まえて、6号機にも期待を寄せていけたらなと思います!

過去記事もご覧頂きスロットの波に乗っていきましょう

 

スロット

さてこのサイトでは見ていて打ちたくなるような且つ、設定判別など勝つ要素のポイントを押さえたスロット記事を目指していきたいと思います。

過去記事もぜひご覧ください!

 

①今も5号機が主役

今、店のスロット状況としてはジャグラー等のAタイプを筆頭に番長3、まどマギ2、ディスクアップ辺りがメイン機種となってる店が多いです。

5号機の記事も順次挙げておりまどマギ2を追加致しました。宜しくお願い致します。

ギャンブラー口コミ情報

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー口コミ情報

5号機から6号機へ更にオンラインへと時代は進化!最先端を知っていく事が勝ち方へと繋がり、楽しみながら稼げるポイント!過去…

ギャンブラー口コミ情報

今回は5号機であるまどか☆マギカ2の事について迫ってみたいと思います。言わずと知れた、前作のロングヒットを受け多大なる期…

②これからの主役は6号機へ!一早く6号機の特性を掴みライバルと差を広げましょう。

現在新台が続々登場している6号機。

吉宗など9時前でも座っている人が多く4号機時代のような流れも感じます。

このラブ嬢2プラスを含めて、そういう台がたくさん出てくればスロット新時代かなと思いました。

また6.1号機、6.2号機の登場でまた新しいスタイルのスロットも登場してきます!

記事も随時作成して参りますので、ぜひ参考にしていって下さい。

ギャンブラー口コミ情報

[スロット]6号機は安定して勝てるのか?5号機がいずれなくなる今、向き合っていかなければならない6号機の勝ち方を多面的に…

ギャンブラー口コミ情報

スロットと言えば前日の夜から下見をして、朝一並んで狙い台を取って、設定看破をして立ち回るというのを思い浮かべがちです。時…

ギャンブラー口コミ情報

コナミからスロットG1フェアリーグランプリが登場!ATの期待度は700枚とかなり強力なAT性能を誇り、GI優駿倶楽部、麻…

ギャンブラー口コミ情報

今回はスロット最新機種のフレームアームズガールの魅力と現在における考察をしていきたいと思います!この機種はNETさんから…

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!